活性酸素の原因|活性酸素による病気

Home

活性酸素とは?

呼吸により取り込まれた酸素の2~3%が食生活の乱れやストレスなどの原因により体内で変化した化合物であり、とても酸化力が強いものです。この活性酸素は病気の原因の約90%であると言われ、正常な細胞を酸化させるため、老化の促進ともなり人に有害で悪影響を与えるものです。 活性酸素が攻撃し、細胞や組織を傷つけたり、酸化させたり、血流を悪くしたりすることで、疾患が発症することがあり、活性酸素が原因で起こる病気は200種類以上と言われています。

例)・癌(ガン)  ・動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞  ・脳卒中  ・肝炎、胃腸炎  ・糖尿病、メタボ  ・喘息、肺気腫  ・白内障  ・高血圧  ・アトピー  ・花粉症  ・リュウマチ、関節炎、肩こり  ・歯周病  ・認知症、パーキンソン病  ・薄毛・抜け毛・白髪  ・生理痛  ・老化(しわ、しみ、たるみ)

1.エネルギー代謝の過程で。 

身体を守るため、人間の体内では日頃から活性酸素が作られています。 呼吸によって取り入れた酸素のうち、約2%が活性酸素になると言われています。

2.化学物質が体内に入ったとき

農薬・食品添加物・煙草の煙・化学薬品・排気ガス・大気汚染物質などの 化学物質は活性酸素発生の原因となります。

3.激しい運動や運動不足

激しい運動をすると呼吸量が急増し、活性酸素の発生を促します。 反対にウォーキングや水中歩行程度の軽めの運動は、 抗酸化酵素の働きを高め、体の酸化を抑えます。

4.ストレスをためたとき

ストレスにより血管が強く収縮し血流障害がおき、 虚血状態に陥った後、ストレスを緩和させてくれる「副腎皮質ホルモン」が分泌されるのですが、 その際に一緒に活性酸素も作られてしまいます。

5.紫外線を浴びたとき

直接紫外線を浴びると身体を守るために活性酸素が発生します。 肌トラブルの原因となるのはこれがあげられます。 組織にダメージを与え、肌のシミ、ソバカス、シワの原因となります。

6.紫外線を浴びたとき

直接紫外線を浴びると身体を守るために活性酸素が発生します。 肌トラブルの原因となるのはこれがあげられます。 組織にダメージを与え、肌のシミ、ソバカス、シワの原因となります。

↑ PAGE TOP